「飲んではいけない認知症の薬」浜六郎著

公開日: 更新日:

 日本ではアルツハイマー型認知症に対して4種の薬剤が承認・販売されており、安倍首相も認知症サミットで認知症施策の加速を指示。早期に発見して治療を行えば認知症はよくなると、医師も含めた多くの人が信じていることだろう。

 しかし、長年にわたり医薬品の安全で適正な使用の研究に取り組んできた医師である著者は、認知症の薬は避けるに越したことはないとして、安易な服用に警鐘を鳴らしている。

 例えば、アリセプトやメマリーなどの認知症治療薬を服用すると、しばしば吐き気の副作用が起こる。すると、吐き気止めの薬剤としてメトクロプラミドやドンペリドンなどが処方されることがある。しかし、これらの吐き気止めはしばしばパーキンソン症状を起こすことが分かっており、うつ状態や、興奮、せん妄を引き起こすことも少なくないという。

 するとどうなるか。多くの場合で認知症治療の薬剤が増量されるとともに、抗精神病薬が処方されるが、抗精神病薬とは比較的若い人がなりやすい統合失調症用の治療薬だ。認知症の高齢者が服用を続けると、イライラや手足のふるえ、発熱や低体温などさまざまな副作用が表れやすく、最悪の場合は心停止も起こしかねないという。

 他にも、認知症とその周辺症状に処方される治療薬の害について明らかにしながら、認知機能を支える神経を守るための食習慣についても解説する。知識を持たなければ家族と自分自身を守ることはできないと心得よう。

(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

人気キーワード