「飲んではいけない認知症の薬」浜六郎著

公開日:

 日本ではアルツハイマー型認知症に対して4種の薬剤が承認・販売されており、安倍首相も認知症サミットで認知症施策の加速を指示。早期に発見して治療を行えば認知症はよくなると、医師も含めた多くの人が信じていることだろう。

 しかし、長年にわたり医薬品の安全で適正な使用の研究に取り組んできた医師である著者は、認知症の薬は避けるに越したことはないとして、安易な服用に警鐘を鳴らしている。

 例えば、アリセプトやメマリーなどの認知症治療薬を服用すると、しばしば吐き気の副作用が起こる。すると、吐き気止めの薬剤としてメトクロプラミドやドンペリドンなどが処方されることがある。しかし、これらの吐き気止めはしばしばパーキンソン症状を起こすことが分かっており、うつ状態や、興奮、せん妄を引き起こすことも少なくないという。

 するとどうなるか。多くの場合で認知症治療の薬剤が増量されるとともに、抗精神病薬が処方されるが、抗精神病薬とは比較的若い人がなりやすい統合失調症用の治療薬だ。認知症の高齢者が服用を続けると、イライラや手足のふるえ、発熱や低体温などさまざまな副作用が表れやすく、最悪の場合は心停止も起こしかねないという。

 他にも、認知症とその周辺症状に処方される治療薬の害について明らかにしながら、認知機能を支える神経を守るための食習慣についても解説する。知識を持たなければ家族と自分自身を守ることはできないと心得よう。

(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る