「スマート・ジャパンへの提言」ジェレミー・リフキン著、柴田裕之ほか訳

公開日:

 資本主義がデジタルテクノロジーと結びついた先に必然的に到達する最後の産業革命後の社会を「限界費用ゼロ社会」と名づけ、世界に衝撃を与えたアメリカ出身の経済学者が、20年ぶりに来日し対談等で語った、日本の未来について提言をまとめた書。

「もし日本が旧来のコミュニケーション・テクノロジーやエネルギー様式(化石燃料と原子力)、輸送/ロジスティックから抜け出せず、汚染をまき散らし持続不可能な20世紀のビジネスモデルを続けるならば、その将来は暗いものになる」と、警告する。

 此本臣吾・野村総研社長や増田寛也・東大公共政策大学院客員教授との対談も併録。

 (NHK出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る