「スマート・ジャパンへの提言」ジェレミー・リフキン著、柴田裕之ほか訳

公開日:

 資本主義がデジタルテクノロジーと結びついた先に必然的に到達する最後の産業革命後の社会を「限界費用ゼロ社会」と名づけ、世界に衝撃を与えたアメリカ出身の経済学者が、20年ぶりに来日し対談等で語った、日本の未来について提言をまとめた書。

「もし日本が旧来のコミュニケーション・テクノロジーやエネルギー様式(化石燃料と原子力)、輸送/ロジスティックから抜け出せず、汚染をまき散らし持続不可能な20世紀のビジネスモデルを続けるならば、その将来は暗いものになる」と、警告する。

 此本臣吾・野村総研社長や増田寛也・東大公共政策大学院客員教授との対談も併録。

 (NHK出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る