「暴走する能力主義」中村高康著

公開日: 更新日:

 学習指導要領改定や入試改革、教育システムが「これまでとは異なる新しい時代に対応した能力」を育成しようとしているように見えるが、実は現状制度の何がいけないのかよく分からないままに、変えることだけが先に決まっているようだ、と著者は批判する。

 コミュニケーション能力や協調性、問題解決力などの「新しい能力」といわれるものは、これまでも求められていた陳腐な能力であって、新しい時代になったから初めて必要、ないし重要になった能力などではないと断言。その上で、いま人々が渇望しているのは「新しい能力を求めなければならない」という議論それ自体だとし、なぜそのような渇望が生まれるのかを分析しながら現代社会を論じたテキスト。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る