「暴走する能力主義」中村高康著

公開日:

 学習指導要領改定や入試改革、教育システムが「これまでとは異なる新しい時代に対応した能力」を育成しようとしているように見えるが、実は現状制度の何がいけないのかよく分からないままに、変えることだけが先に決まっているようだ、と著者は批判する。

 コミュニケーション能力や協調性、問題解決力などの「新しい能力」といわれるものは、これまでも求められていた陳腐な能力であって、新しい時代になったから初めて必要、ないし重要になった能力などではないと断言。その上で、いま人々が渇望しているのは「新しい能力を求めなければならない」という議論それ自体だとし、なぜそのような渇望が生まれるのかを分析しながら現代社会を論じたテキスト。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る