「暴走する能力主義」中村高康著

公開日:

 学習指導要領改定や入試改革、教育システムが「これまでとは異なる新しい時代に対応した能力」を育成しようとしているように見えるが、実は現状制度の何がいけないのかよく分からないままに、変えることだけが先に決まっているようだ、と著者は批判する。

 コミュニケーション能力や協調性、問題解決力などの「新しい能力」といわれるものは、これまでも求められていた陳腐な能力であって、新しい時代になったから初めて必要、ないし重要になった能力などではないと断言。その上で、いま人々が渇望しているのは「新しい能力を求めなければならない」という議論それ自体だとし、なぜそのような渇望が生まれるのかを分析しながら現代社会を論じたテキスト。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る