「暴走する能力主義」中村高康著

公開日: 更新日:

 学習指導要領改定や入試改革、教育システムが「これまでとは異なる新しい時代に対応した能力」を育成しようとしているように見えるが、実は現状制度の何がいけないのかよく分からないままに、変えることだけが先に決まっているようだ、と著者は批判する。

 コミュニケーション能力や協調性、問題解決力などの「新しい能力」といわれるものは、これまでも求められていた陳腐な能力であって、新しい時代になったから初めて必要、ないし重要になった能力などではないと断言。その上で、いま人々が渇望しているのは「新しい能力を求めなければならない」という議論それ自体だとし、なぜそのような渇望が生まれるのかを分析しながら現代社会を論じたテキスト。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る