• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本列島大変動」 後藤忠徳著

 大地震の発生数は近年、増加傾向にあり、過去90年間で直近の10年間の発生数が最も多いという。今、日本の地底で何が起きているのか、地震や火山に関する素朴な疑問に答えてくれるサイエンステキスト。

 地震のマグニチュードは数字上の違いはわずかでも、そのエネルギーの差は桁違い。東日本大震災級のマグニチュード9の地震エネルギーを解放するには、5の地震が100万回必要で、よく言われる、小さい地震が何度も起これば、たまったひずみが解放されて大きな地震が起こらないというのは俗説だそうだ。

 南海トラフ地震や首都直下地震など、気になる地震の話題も織り交ぜながら、地震や火山の噴火のメカニズムを解説。

(ポプラ社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る