• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「最後は「免疫力」があなたを救う!」堀泰典、安保徹著

 さまざまな薬が開発され、多くの病が治る時代になった。しかし、本来人が備えている免疫力を高めた生活をしていれば、病気になるリスクは低いという。そのためにも、まず実行したいのが「鼻呼吸」だ。

 呼吸といえば鼻から吸うものだが、実は口呼吸になっている人は意外に多い。口呼吸をすると空気と共に細菌やウイルスが入り、免疫の中枢である咽頭扁桃リンパ輪を傷つける。

 すると免疫システムの誤作動を起こして、甲状腺の腫れ、関節炎などさまざまな疾患を引き起こすという。

 ほかにも「EDの解消には大股で歩くこと」「男性更年期には豚肉や畳いわしに含まれる亜鉛が効果的」「うつ病やパニック障害は股関節を揉む」など、日常生活の中で簡単に取り入れられる免疫アップのコツを伝授。 (扶桑社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る