「最後は「免疫力」があなたを救う!」堀泰典、安保徹著

公開日:  更新日:

 さまざまな薬が開発され、多くの病が治る時代になった。しかし、本来人が備えている免疫力を高めた生活をしていれば、病気になるリスクは低いという。そのためにも、まず実行したいのが「鼻呼吸」だ。

 呼吸といえば鼻から吸うものだが、実は口呼吸になっている人は意外に多い。口呼吸をすると空気と共に細菌やウイルスが入り、免疫の中枢である咽頭扁桃リンパ輪を傷つける。

 すると免疫システムの誤作動を起こして、甲状腺の腫れ、関節炎などさまざまな疾患を引き起こすという。

 ほかにも「EDの解消には大股で歩くこと」「男性更年期には豚肉や畳いわしに含まれる亜鉛が効果的」「うつ病やパニック障害は股関節を揉む」など、日常生活の中で簡単に取り入れられる免疫アップのコツを伝授。 (扶桑社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る