「最後は「免疫力」があなたを救う!」堀泰典、安保徹著

公開日:  更新日:

 さまざまな薬が開発され、多くの病が治る時代になった。しかし、本来人が備えている免疫力を高めた生活をしていれば、病気になるリスクは低いという。そのためにも、まず実行したいのが「鼻呼吸」だ。

 呼吸といえば鼻から吸うものだが、実は口呼吸になっている人は意外に多い。口呼吸をすると空気と共に細菌やウイルスが入り、免疫の中枢である咽頭扁桃リンパ輪を傷つける。

 すると免疫システムの誤作動を起こして、甲状腺の腫れ、関節炎などさまざまな疾患を引き起こすという。

 ほかにも「EDの解消には大股で歩くこと」「男性更年期には豚肉や畳いわしに含まれる亜鉛が効果的」「うつ病やパニック障害は股関節を揉む」など、日常生活の中で簡単に取り入れられる免疫アップのコツを伝授。 (扶桑社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る