「中華料理進化論」徐航明著

公開日: 更新日:

 日本在住の中国人料理研究家による食文化論。

 来日当初、著者はなぜ日本には「中華料理」と「中国料理」の2通りの看板があるのか疑問を抱いたという。やがて、中国では主食のひとつである「水餃子(ギョーザ)」が、焼き餃子としておかずになったように、中国発祥の料理が日本上陸後に日本人の口に合うようにアレンジされ、定番メニューとなったものが「中華料理」と呼ばれていることに気づく。

 その中華料理の起源を振り返るとともに、鶏の唐揚げや豚の角煮、しゃぶしゃぶなど日本料理として知られているメニューが中国料理をベースに変容と定着、そして受容されていった進化のプロセスをたどるなど、中華料理の過去と現在から日本社会の変化や日本の持つ底力を分析する。

 (イースト・プレス 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る