「与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記」澤田瞳子著

公開日: 更新日:

 真楯は、中央の官司で労役に当たる役夫として、故郷の近江から平城京に徴発される。真楯が配属されたのは、大仏造営が進められている造東大寺司だった。

 造仏所には、鋳造を間近に控えた盧舎那仏の「仏様」がすでにそびえ立っていた。

 しかし、奴婢の舎薩が台座の外型を壊したため工期に遅れが出る。厳しい労働の合間の唯一の楽しみは、炊屋の宮麻呂が作る三度の食事だ。宮麻呂は病気で伏せっている役夫にまで食事を届けさせる、優しい心の持ち主だった。ある夜、宮麻呂を手伝いウナギのわなを引き上げにいった真楯らは、造仏所に入り込んだ怪しい人影を目にする。(「山を削りて」)

 大仏造営に関わる人々の姿を、食を通して描く連作時代小説。

 (光文社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る