北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「赤い靴」大山淳子著著

公開日:

 不思議な小説だ。物語がどこへ向かうのか、途中まではわからないのだ。だから、とても新鮮であった。

 7歳の誕生日の夜、母親が何者かに目の前で惨殺される。逃げ出した葵は、山中に住む老人に助けられ、犬と一緒に生活することになる。山中の生活とはいっても、老人はたくさんの本を所持しているので(その小屋は図書室と呼ばれている)、それらの書物から語学をはじめとしてあらゆることを学んでいく。そういう生活をなんと10年も続けていくのだ。

 葵が17歳になったとき、老人は病に倒れる。葵に出会う前、孫娘と一緒に山中で暮らしていたこと。その孫娘はずいぶん前に亡くなったが、死亡届を出していないこと。だから君は山を下りて、孫娘の戸籍を使いなさい。孫娘が生きていたと知れば家族も喜ぶだろう。そう言い残して老人は息を引き取る。こうして葵は山を下りていく。

 この先にどういう物語が待っているのかは本書で確認されたい。それをここに書いてしまっては読書の興をそいでしまうだろう。全体の構図が見渡せるのは4分の3のところ。そこでようやく納得するが、それまでは、何なんだこれは、と思いながら読み進んでいく。こういう読書も久々であった。

 老人の孫娘になりすますなんてことが簡単に出来るだろうか、ということを含めて、最後はやや強引だが、物語を貫く緊迫感にただただ圧倒されるのである。

(ポプラ社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る