北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「赤い靴」大山淳子著著

公開日:

 不思議な小説だ。物語がどこへ向かうのか、途中まではわからないのだ。だから、とても新鮮であった。

 7歳の誕生日の夜、母親が何者かに目の前で惨殺される。逃げ出した葵は、山中に住む老人に助けられ、犬と一緒に生活することになる。山中の生活とはいっても、老人はたくさんの本を所持しているので(その小屋は図書室と呼ばれている)、それらの書物から語学をはじめとしてあらゆることを学んでいく。そういう生活をなんと10年も続けていくのだ。

 葵が17歳になったとき、老人は病に倒れる。葵に出会う前、孫娘と一緒に山中で暮らしていたこと。その孫娘はずいぶん前に亡くなったが、死亡届を出していないこと。だから君は山を下りて、孫娘の戸籍を使いなさい。孫娘が生きていたと知れば家族も喜ぶだろう。そう言い残して老人は息を引き取る。こうして葵は山を下りていく。

 この先にどういう物語が待っているのかは本書で確認されたい。それをここに書いてしまっては読書の興をそいでしまうだろう。全体の構図が見渡せるのは4分の3のところ。そこでようやく納得するが、それまでは、何なんだこれは、と思いながら読み進んでいく。こういう読書も久々であった。

 老人の孫娘になりすますなんてことが簡単に出来るだろうか、ということを含めて、最後はやや強引だが、物語を貫く緊迫感にただただ圧倒されるのである。

(ポプラ社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る