「健康長寿は靴で決まる」かじやますみこ著

公開日: 更新日:

 真のオシャレは足元からといわれるが、人生100年時代を迎えた日本では、“足に合った靴”を選ぶことが何よりも重要だ。足に合わない靴を履き続けていると、外反母趾などの足のトラブルはもちろん、腰痛や肩こりなど足から遠い体の部位にも悪影響が及び、股関節に負担をかけ、筋力の低下を招き、最悪の場合は寝たきりになってしまう恐れもあるのだ。

 足に合わない靴など選ぶわけはないと思うかもしれないが、足の指の付け根をメジャーでぐるりと一周させて測る「足囲」や、親指と小指の付け根の直線距離である「足幅」まで答えられる人は少ないだろう。

 私たちが一般的に“靴のサイズ”と呼ぶのは、かかとからつま先までの「足長」を表したもので、その他の長さも考慮した靴でなければ、足に合った靴とは言えない。

 足に合わない靴を履き続けていると、骨が弓状に並んで形作られている足のアーチが崩れてくる。人間の足には、土踏まずを形成する「内側アーチ」と、小指の付け根とかかとを結ぶ「外側アーチ」、そして親指と小指の付け根を結ぶ「横アーチ」の3つがあり、3点で体を支えることで抜群の安定性を保っている。しかし、いずれかのアーチ構造に歪みが生じれば、アーチ構造全体の強度が下がり、全身のバランスの崩れを招いてしまう。

 本書では、ためし履きをしたときにつま先立ちをしてみて、かかとがスポッと抜ける場合はNG、足指の付け根でソールが曲がるかチェックするなど、自分の足に合った良い靴の選び方も伝授。脱ぎ履きしやすい靴や健康サンダルは、実は足にとって大きな負担になることなども解説している。

 健康長寿は正しい靴選びからと心得よう。

(文藝春秋 850円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る