「脳が老いない 世界一シンプルな方法」久賀谷亮著

公開日:  更新日:

 脳の若さを保つ効果的な方法として欧米で流行し、グーグルでも社員に推奨しているのが、食事でも運動でもなく、マインドフルネスという瞑想法。これを習慣づけると、脳がスッキリと冴え渡るばかりか、脳の老化を食い止め、アルツハイマー病のリスクを軽減させる可能性もあるという。

 ただ瞑想するだけで脳が老いないなど、うさんくさいと感じるかもしれないが、エール大学で先端脳科学を学び臨床経験を積んだ著者によると、アメリカでは脳のエイジング研究が進み、さまざまな科学的データが示されているのだという。脳にはデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という“雑念”をつかさどる回路があり、脳の全消費エネルギーの60~80%も費やしている。そしてDMNを酷使し続けると脳疲労が回復しにくくなり、老化が進んだり、アルツハイマー病に関わるアミロイドβという老廃物もたまりやすくなるという。

 そこで効果を発揮するのが、マインドフルネス。過活動になったDMN回路を鎮めて、「テロメア」と呼ばれる長寿遺伝子を活性化させるという研究データもあるそうだ。本書では、そのメソッドも分かりやすく解説。例えば、椅子に座って足の裏と床、お尻と椅子など接触面の感覚に意識を向けながら行う呼吸法や、ランニングなど中等度の運動を行いつつ、そのつらさを“鳥の目”で外から眺めるよう意識するのもDMN回路を鎮めるのに役立つ。脳の老いを乗り越えたいなら、今日からでも始めてみては。

(ダイヤモンド社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る