「脳が老いない 世界一シンプルな方法」久賀谷亮著

公開日: 更新日:

 脳の若さを保つ効果的な方法として欧米で流行し、グーグルでも社員に推奨しているのが、食事でも運動でもなく、マインドフルネスという瞑想法。これを習慣づけると、脳がスッキリと冴え渡るばかりか、脳の老化を食い止め、アルツハイマー病のリスクを軽減させる可能性もあるという。

 ただ瞑想するだけで脳が老いないなど、うさんくさいと感じるかもしれないが、エール大学で先端脳科学を学び臨床経験を積んだ著者によると、アメリカでは脳のエイジング研究が進み、さまざまな科学的データが示されているのだという。脳にはデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という“雑念”をつかさどる回路があり、脳の全消費エネルギーの60~80%も費やしている。そしてDMNを酷使し続けると脳疲労が回復しにくくなり、老化が進んだり、アルツハイマー病に関わるアミロイドβという老廃物もたまりやすくなるという。

 そこで効果を発揮するのが、マインドフルネス。過活動になったDMN回路を鎮めて、「テロメア」と呼ばれる長寿遺伝子を活性化させるという研究データもあるそうだ。本書では、そのメソッドも分かりやすく解説。例えば、椅子に座って足の裏と床、お尻と椅子など接触面の感覚に意識を向けながら行う呼吸法や、ランニングなど中等度の運動を行いつつ、そのつらさを“鳥の目”で外から眺めるよう意識するのもDMN回路を鎮めるのに役立つ。脳の老いを乗り越えたいなら、今日からでも始めてみては。

(ダイヤモンド社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る