「ボケたくなければバラの香りをかぎなさい」天野惠市著

公開日: 更新日:

 多くの人が認知症の入り口と考えているのが、もの忘れ。病院などによる認知症チェックでも、今日が何月何日何曜日かを言えるか、同じ話を何度もしてしまうことはないかなど、記憶に関する項目が多い。

 しかし、東京脳神経センターの専門医である著者は、もの忘れ症状は認知症がかなり進んだ段階で見られるものであり、実はこの前段階に表れる“匂いがよく分からない”という症状に注目することが大切だと説いている。嗅覚障害は、脳が病的な萎縮を始める極めて初期の段階で起きるためだ。

 匂いに関する情報を整理し、脳に収める役割を担っているのが、脳の側頭葉にある扁桃体の中の、嗅皮質と呼ばれる部分。そして、扁桃体のすぐ隣にあるのが、記憶をつかさどる海馬だ。これらの器官は単に隣り合っているだけでなく、一体となって情報処理に関わっていると考えられている。匂いが分かりにくくなるということは、嗅皮質にダメージを受けているということであり、それが海馬にも迫っているというサインとなるわけだ。

 嗅皮質の衰えを食い止めて認知症を予防するにはどうしたらよいのか。それは、いい香りを嗅ぐことだ。中でも、14種類もの匂い物質が複雑に混ざり合うことで生まれているバラの花の香りは、脳に対しても複雑な刺激を与えて脳機能を活性化すると本書。脳が香りに由来するさまざまな記憶を呼び起こしたり整理するなど、認知症予防につながる活動を促すためだという。

 頻繁にバラの花を買うのが大変な場合は、アロマオイルやお香などでも代用が可能。パズルをしたりクイズを解くなどの脳トレもいいが、今日からはバラのいい香りを楽しむ認知症予防も取り入れてみては。

(ワニブックス 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る