「ボケたくなければバラの香りをかぎなさい」天野惠市著

公開日: 更新日:

 多くの人が認知症の入り口と考えているのが、もの忘れ。病院などによる認知症チェックでも、今日が何月何日何曜日かを言えるか、同じ話を何度もしてしまうことはないかなど、記憶に関する項目が多い。

 しかし、東京脳神経センターの専門医である著者は、もの忘れ症状は認知症がかなり進んだ段階で見られるものであり、実はこの前段階に表れる“匂いがよく分からない”という症状に注目することが大切だと説いている。嗅覚障害は、脳が病的な萎縮を始める極めて初期の段階で起きるためだ。

 匂いに関する情報を整理し、脳に収める役割を担っているのが、脳の側頭葉にある扁桃体の中の、嗅皮質と呼ばれる部分。そして、扁桃体のすぐ隣にあるのが、記憶をつかさどる海馬だ。これらの器官は単に隣り合っているだけでなく、一体となって情報処理に関わっていると考えられている。匂いが分かりにくくなるということは、嗅皮質にダメージを受けているということであり、それが海馬にも迫っているというサインとなるわけだ。

 嗅皮質の衰えを食い止めて認知症を予防するにはどうしたらよいのか。それは、いい香りを嗅ぐことだ。中でも、14種類もの匂い物質が複雑に混ざり合うことで生まれているバラの花の香りは、脳に対しても複雑な刺激を与えて脳機能を活性化すると本書。脳が香りに由来するさまざまな記憶を呼び起こしたり整理するなど、認知症予防につながる活動を促すためだという。

 頻繁にバラの花を買うのが大変な場合は、アロマオイルやお香などでも代用が可能。パズルをしたりクイズを解くなどの脳トレもいいが、今日からはバラのいい香りを楽しむ認知症予防も取り入れてみては。

(ワニブックス 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード