「ショートショート美術館」太田忠司、田丸雅智著

公開日:

 小学生の「私」は、自分が属している場所や家族にどうしてもなじめなかった。冬の日、私は家に帰るときは右に曲がる交差点を左に曲がった。そして交差点に出るたびになじみの薄い方向に進んで、見知らぬ町に着いた。見上げると青空が見えるのに、町の中は夜のように暗い。薪が燃える暖炉の前で揺り椅子に座って編み物をしていた老女が私を家に招き入れた。温かいミルクを飲ませて「ここはずっとずっと夜が続く町だよ」と教えてくれた。「暗くても、ここは住みよい町だ。坊や、生きるのが辛かったんだろ?」。(「夜の町」/太田)

 ルネ・マグリット「光の帝国Ⅱ」など、10の名画をテーマに2人の作家が競作。

(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る