「居酒屋チェーン戦国史」中村芳平著

公開日:

 盛衰が激しい居酒屋チェーンの歴史をひもとき、一代で数百、数千店舗の巨大チェーンを築き上げた異端の創業者たちの実像に迫る業界物語。

 現在のような日本独自の居酒屋チェーンを始めたのは、1950年に浅草・千束で総菜屋兼焼き鳥屋を開業した「鮒忠」で、78年には100店舗を展開。米軍のブロイラーに着目して焼き鳥を居酒屋の定番商品に育てた創業者の根本忠雄は、日本の居酒屋文化の原型を築いた。

 以降、アメリカ発祥のフランチャイズ方式そっくりの方法を開発して1240店舗を実現した「養老乃瀧」創業者の矢満田富勝から、現在、市場に新たな旋風を巻き起こしている立ち飲みチェーン「晩杯屋」の金子源まで。奇人・変人たちが織りなす居酒屋の興亡史をたどる。

(イースト・プレス 861円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る