「酒と人生の一人作法」太田和彦著

公開日: 更新日:

 北海道はかつては米の生産に不適だったので日本酒造りの歴史は浅いが、ビールはうまい。料理は炉端焼きが多くて、魚も野菜も囲炉裏で焼いて食べる。寒い外から来た客は燗のつくのを待てないから、鉄瓶や瓶で温めてある酒をすぐ出す。冷たい生魚の刺し身は食べたくないし、ビールに合わないから、魚は干物で、基本はホッケ、ニシンだ。赤々とした火がいちばんのもてなしなのは、開拓当時の記憶を伝えるDNAだと著者はいう。関東はマグロ、カツオが中心で、すぐ出る刺し身に慣れているから、東京者は料理が遅いといらいらする。だが、関西は酒より食べ物優先だから、「少々お時間かかります」と言われても悠然としている。(居酒屋と風土)

 独酌を楽しむ人生エッセー。

(亜紀書房 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る