「柳生三代の鬼謀」鳥羽亮著

公開日: 更新日:

 永禄6(1563)年夏、大和国の柳生家の当主・宗厳に宝蔵院流槍術の創始者・胤栄から、天下に名が知れ渡った兵法家・上泉伊勢守秀綱が宝蔵院に立ち寄るとの知らせが届く。宝蔵院に駆け付け、立ち合いをした宗厳は、伊勢守が創始した新陰流の精妙さに心打たれ弟子入りを志願、伊勢守を柳生の里に迎える。新陰流の神髄は敵を殺さぬ「活人剣」にあると教えられた宗厳は、衝撃を受ける。

 半年後、故郷から伊勢守の嫡男が合戦で死んだとの知らせが届く。宗厳は、帰郷せず上洛するという伊勢守から、刀を持たずに敵と向かい合う「無刀取り」を会得し後世に伝えるよう託される。

 柳生新陰流の祖・石舟斎こと宗厳をはじめとする柳生3代の剣客を描いた時代剣劇小説。

(徳間書店 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る