「柳生三代の鬼謀」鳥羽亮著

公開日: 更新日:

 永禄6(1563)年夏、大和国の柳生家の当主・宗厳に宝蔵院流槍術の創始者・胤栄から、天下に名が知れ渡った兵法家・上泉伊勢守秀綱が宝蔵院に立ち寄るとの知らせが届く。宝蔵院に駆け付け、立ち合いをした宗厳は、伊勢守が創始した新陰流の精妙さに心打たれ弟子入りを志願、伊勢守を柳生の里に迎える。新陰流の神髄は敵を殺さぬ「活人剣」にあると教えられた宗厳は、衝撃を受ける。

 半年後、故郷から伊勢守の嫡男が合戦で死んだとの知らせが届く。宗厳は、帰郷せず上洛するという伊勢守から、刀を持たずに敵と向かい合う「無刀取り」を会得し後世に伝えるよう託される。

 柳生新陰流の祖・石舟斎こと宗厳をはじめとする柳生3代の剣客を描いた時代剣劇小説。

(徳間書店 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る