「村上龍料理小説集」村上龍著

公開日: 更新日:

 ルイス・ブニュエルの映画「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」は、裕福な男女6人が繰り広げるシュールな物語で、そこでは食べる行為とエロティシズムとの密接なる関係が見事に活写されている。それは、「味わう」「食べる」といった言葉がそのまま性行為の描写にも使われることからもわかる。

 料理小説集と銘打たれた本書もまた食欲と性欲とが錯綜するさまを描いた全32の掌編小説が収められている。

【あらすじ】主人公は30代半ばの映像作家。その彼が世界各地で出合った食と女性が描かれていく。

 たとえば、ニューヨークの5番街にある「チャイナ・カフェ」という24時間営業のレストランでウエートレスをしていたアンという香港人。その店のメニューで引きつけられたのは生アサリのにんにくしょうゆ漬け。アンと2人でホテルに入ったときに頭に浮かぶのは、ヌルヌルとした巨大なアサリ――。

 あるいはサンジェルマン・デ・プレ教会の向かいにあるカフェでスチュワーデスと生牡蠣を食べていると彼女が言う。「なんか全身が生牡蠣になったような感じ」と。所変わって、南太平洋のタヒチのライアテア島。大手商社の秘書と食べるのは、直径20センチの皿に山盛りとなったフカヒレ、アワビ、カニ、エビ、ウナギ。それら甲殻類や貝の軟らかな肉が彼女の歯で潰されていく甘美な音。思いは過去へと飛び、新宿十二社の小料理屋で年上の人妻と食べた山椒の実を混ぜたあぶり味噌の芳ばしい香り……。



【読みどころ】これでもかというくらい贅を凝らした料理や美女がふんだんに出てくる。本書が雑誌に連載されていたのは1986~88年。まさにバブルの真っただ中。そんなバブルの甘やかで空虚なかおりが漂ってくる。 <石>

(講談社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る

人気キーワード