「もっと塩味を!」林真理子著

公開日: 更新日:

 現在、東京の飲食店でミシュランの星が付いているのは230軒。本場パリの118軒を上回り世界一だそうだ。最近でこそ、ミシュランの星が付いているといってもさほど珍しくはないが、40年ほど前には、日本人がフランスでミシュランの星付きのレストランで食事することすら珍しく、まして日本人がフランスで店を開き、星を獲得するなどは夢のまた夢と思われていた。本書は、そんな時代にミシュランの星獲得の夢を追いかけた一人の女性の物語。

【あらすじ】美佐子は郷里の和歌山でのんびりと育ち、短大卒業後、地元の名家の御曹司と結婚。2人の子供をもうけ、夫の浮気癖には困らされたものの順風な生活を送っていた。

 ある日、美佐子は徳島のフランス料理屋で生まれて初めて本格的なフランス料理を食べ、その味に圧倒される。以来、美佐子はフランス料理の店を持つことが夢になる。

 そんな美佐子の運命を変えたのが東京の一流フランス料理店のシェフの大久保。大久保は並々ならぬ鋭敏な舌を持つ美佐子に驚き、彼女にフランス料理の精髄を叩き込んでいく。フランス料理の官能的な味わいに魅せられた美佐子は夫と子供を捨て、大久保の元へ飛び込むが、大久保はそれを拒否。途方に暮れる美佐子だが、天性の楽天家の彼女は独自に道を切り開き、天才シェフ直人に出会う。

 直人と結婚し、苦労の末、フランスに開いた店が念願のミシュランの星を獲得したとの朗報を受けた美佐子の元に信じられない知らせが届く……。

【読みどころ】ともすれば「細うで繁盛記」のような、けなげな女将さんの苦労話といった感じになる物語を、ピシッと背筋の伸びたマダムの粋な人生として描いたところが妙味。 <石>(中央公論新社 533円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る