「はじめての日本美術史」山本陽子著

公開日: 更新日:

 飛鳥・奈良時代の仏像をはじめとする美術は、朝鮮半島や中国の模倣から始まったという。たとえば法隆寺の百済観音像は、日本ではめったにお目にかかれない、ほっそり形。これは仏教が流行し始めた後漢から魏晋南北朝時代、漢民族の間で高貴な人や知識人の理想像が精神性を重視するなよなよした体形だった影響なのだ。

 他にも、東大寺の金剛力士立像2体は運慶が属する慶派がわずか69日で造立、江戸時代に活躍した絵師・東洲斎写楽は10カ月で姿を消したなど、飛鳥時代から近代まで、誰もが知る有名作品とともにその誕生エピソードなどを解説する美術ガイド本。 (山川出版社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る