「ヒルビリー・エレジー」J.D.ヴァンス著 関根光宏・山田文訳光文社

公開日: 更新日:

 ドナルド・トランプ氏の米大統領選挙勝利の背景に、同書に登場する「ヒルビリー」(田舎者)の存在があったと分析された。アメリカの繁栄から取り残されたラストベルト(さびついた工業地帯)の白人の生態を示す同書では、普段我々が日本のメディアで接する大都会のリッチな生活とはかけ離れた人生が描かれている。

 2年前の書だが、最近本を読まない周囲の人が続々と読んでいるので私も読んだ。冒頭の内容は広く語られているだけに、私がここで書くのはロースクールの生活についてだ。昨今メディアが注目するのが眞子さまの婚約内定者・小室圭さんだが、伝え聞かれる情報からはロースクールの実態がよく分からない。

「超絶優秀だから奨学金がもらえた」「勉強熱心」らしいが、実際はどうなのか。本書は超名門・イエール大学のロースクールに入ることにより、著者がヒルビリー(田舎者)においては最高の勝ち組にのし上がるまでを描く。前段の悲惨な人生を知ったうえで、ロースクールパートに入るとより楽しめる。

 著者はイエールで最も高い奨学金をもらえた。もしや小室さんのように80ページの論文を書き、熱意を示したのか? と思うが実態は全く異なる。

〈利子がつくとわかっていても、20万ドルの借金をするのはやむをえないと考えていた。ところが、イェールの奨学金制度は私の想像を超えていた。1年目の学費は奨学金でほとんどカバーできる。私の成績や人柄が評価されたからではなく、たんに私が、この学校で誰よりも貧しい学生のひとりだったからだ〉

 図書館で勉強を深夜までしたことなども描かれるし、同大の教授は学生としゃべるのが好きなため、研究室を訪れよ、といったことも書かれている。これで小室さんが「教授としゃべっている」といった報道の背景も分かる。

 本書の著者は同大の教授から人生最高のアドバイスをもらえたと書いている。

〈この書記官のポジションは、人間関係を壊しかねない仕事よ。正直言ってウシャとの関係を優先して、自分に合うキャリアを追及すべきだと思うわ〉

 ウシャとは恋人のことだが、結局著者は彼女と結婚する。ロースクールで出会う人々が、いや人はいかに誰と出会うかが重要か、がこれでもか、とばかりに力説される。蛇足ながら1週間150ドルのホテルがあると知れて良かった。そして小室さんの生活も少しだけ想像できる。

 ★★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る