「(あまり)病気をしない暮らし」仲野徹著

公開日: 更新日:

 現在では10万円以下で個人のゲノムを調べることができる。ゲノムを解析すれば、一種の突然変異ともいえる、ある遺伝子型を持っていると、持っていない人に比べ、糖尿病や高血圧などの病気に3~4割なりやすくなるということがわかる。それでより摂生に励めばいいが、そういう素因が低いと、逆に少し不摂生してもいいと考えてしまうリスクもある。ゲノムと疾患について詳細なことがわかってくると、ゲノム情報により生命保険の掛け金が変わる可能性もある。

 イギリスの調査では、出生時の体重が低いほど心筋梗塞などの心血管系疾患による死亡率が高い。子宮内にいたときの飢餓状態が細胞に記憶され、体が「低栄養仕様」になるため普通の食事でも栄養過多になり、肥満や糖尿病になりやすくなるという。病理学教授が書いた究極の健康本。

(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る