「魔法使ひ」堀川アサコ著

公開日: 更新日:

 終戦から2年後の青森。双子の妹・ハナ子は、闇市を牛耳る香具師の父を怒らせ軟禁されている健吾を助けたい。このままでは健吾は父に殺されてしまう。健吾は、内気なハナ子と性格が正反対の姉・テフ子の恋人だった。しかし、テフ子は健吾などもうどうでもいいようだ。テフ子によると不可能を可能にする「魔法使ひ」と呼ばれる担ぎ屋がいるらしい。しかし、仕事を頼むにはお金が必要だ。何とか健吾を救い出したいハナ子は、彼の友人の安保を訪ねる。安保から魔法使ひよりも隠居した大親分の葉村に仲裁を頼むよう提案されたハナ子は、葉村の別荘に向かう。帰り道、忘れ物を取りに戻ったハナ子は、安保の遺体を目にする。遺体には頭がなかった。

 終戦後の青森を舞台にした長編ミステリー。

(講談社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る