「ドラ猫進化論」沼田朗著

公開日: 更新日:

「ドラ猫」は「野良猫」とイコールとされているが、著者はイメージ的に違うと感じた。「ドラ猫」を辞書で調べてみると、「よそのものを盗み食いする」ことが特徴のようだ。「どら」は「ドラ息子」などに使われるように、「放蕩、道楽」の意味がある。江戸時代には怠け者のドラ息子が街を闊歩していたが、同じ頃、ネズミを捕らず、献立用の魚をかすめ取って逃げる猫が増えた。「お魚くわえたドラ猫」は江戸時代からいたのだ。インターネットの「語源由来辞典」によると「どら」は怠けることや放蕩を表す「のら」が強調された語だというから、「ドラ猫」は「野良猫」のパワーアップしたものなのだ。

「ドラ猫」のサバイバルの歴史を、マニアックに、熱く語った一冊。

(三賢社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  8. 8

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  9. 9

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る