「運命の旅」アルフレート・デーブリーン著 長谷川純訳

公開日: 更新日:

 1920年代後半のベルリンを舞台に、刑務所を出た主人公が数々の試練を経て、新たな人間として覚醒していく……。

 ドイツ都市文学の最高傑作として有名な「ベルリン・アレクサンダー広場」。その作者デーブリーンは東欧ユダヤ人の家庭に生まれ、ベルリンで育つ。同作はベストセラーになったが、年を追うごとにナチスの勢力が拡大し、33年1月、ついにヒトラーが政権を握る。自らの著書がブラックリストに載り、危険を感じたデーブリーンは、家族と共にパリに亡命する。

 本書は、そのパリへ、ドイツが侵攻してくる40年5月から始まる。パリ西部の街に住む「ぼく」と妻と末息子の3人は、パリから脱出しようとするが、同様に逃げ出そうとする人々で街は大混乱。妻と息子を先に逃がし、ぼくは友人らと南へ。ところが分かれた家族はなかなか見つからない。ようやく奇跡的な再会を果たすが、もはやフランスは安全でなく、一家はアメリカのハリウッドへ亡命。戦争が終わりドイツへ戻り、ドイツ文化を育てることを自らの使命として活動するが、時代は大きく変わっていた……。

 ナチスに追われ、悪夢のような逃避行の日々と戦後の混沌とした状況を描いた傑作ドキュメンタリー。

(河出書房新社 4800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る