「運命の旅」アルフレート・デーブリーン著 長谷川純訳

公開日: 更新日:

 1920年代後半のベルリンを舞台に、刑務所を出た主人公が数々の試練を経て、新たな人間として覚醒していく……。

 ドイツ都市文学の最高傑作として有名な「ベルリン・アレクサンダー広場」。その作者デーブリーンは東欧ユダヤ人の家庭に生まれ、ベルリンで育つ。同作はベストセラーになったが、年を追うごとにナチスの勢力が拡大し、33年1月、ついにヒトラーが政権を握る。自らの著書がブラックリストに載り、危険を感じたデーブリーンは、家族と共にパリに亡命する。

 本書は、そのパリへ、ドイツが侵攻してくる40年5月から始まる。パリ西部の街に住む「ぼく」と妻と末息子の3人は、パリから脱出しようとするが、同様に逃げ出そうとする人々で街は大混乱。妻と息子を先に逃がし、ぼくは友人らと南へ。ところが分かれた家族はなかなか見つからない。ようやく奇跡的な再会を果たすが、もはやフランスは安全でなく、一家はアメリカのハリウッドへ亡命。戦争が終わりドイツへ戻り、ドイツ文化を育てることを自らの使命として活動するが、時代は大きく変わっていた……。

 ナチスに追われ、悪夢のような逃避行の日々と戦後の混沌とした状況を描いた傑作ドキュメンタリー。

(河出書房新社 4800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る

人気キーワード