大衆を煽り自らも煽られながら熱狂を起こす弁舌家【ヒトラー】

公開日:  更新日:

「ヒトラー演説」高田博行著

■今年は終戦70周年。それは欧米ではナチ帝国崩壊から70年目でもある。いまヒトラー・ブームが起こっているのはなぜか。

 カリスマ的な演説の名手と呼ばれるヒトラー。その熱狂を巻き起こす力の秘密はなにか。ドイツ語史を専門とする著者は残された録音や映像からそのレトリックを詳細に分析。ミュンヘンの一介の扇動政治家としてナチの前身にあたる組織を旗揚げしたときの最初の演説録音から総統として最後に地下壕でラジオ演説したときの録音までくわしく聞き、ヒトラー演説の傾向とその変化を解き明かす。

 反ユダヤ主義は最初からの明らかな論調の軸だったが、ミュンヘン一揆の首謀者として法廷で裁かれたときには持ち前の弁舌で検事らを説得し、首席検事からは「演説家として無類の才能」とまでたたえられて、一揆の失敗をむしろ勝利に変えてしまったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る