大衆を煽り自らも煽られながら熱狂を起こす弁舌家【ヒトラー】

公開日:  更新日:

「ヒトラー演説」高田博行著

■今年は終戦70周年。それは欧米ではナチ帝国崩壊から70年目でもある。いまヒトラー・ブームが起こっているのはなぜか。

 カリスマ的な演説の名手と呼ばれるヒトラー。その熱狂を巻き起こす力の秘密はなにか。ドイツ語史を専門とする著者は残された録音や映像からそのレトリックを詳細に分析。ミュンヘンの一介の扇動政治家としてナチの前身にあたる組織を旗揚げしたときの最初の演説録音から総統として最後に地下壕でラジオ演説したときの録音までくわしく聞き、ヒトラー演説の傾向とその変化を解き明かす。

 反ユダヤ主義は最初からの明らかな論調の軸だったが、ミュンヘン一揆の首謀者として法廷で裁かれたときには持ち前の弁舌で検事らを説得し、首席検事からは「演説家として無類の才能」とまでたたえられて、一揆の失敗をむしろ勝利に変えてしまったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る