• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大衆を煽り自らも煽られながら熱狂を起こす弁舌家【ヒトラー】

「ヒトラー演説」高田博行著

■今年は終戦70周年。それは欧米ではナチ帝国崩壊から70年目でもある。いまヒトラー・ブームが起こっているのはなぜか。

 カリスマ的な演説の名手と呼ばれるヒトラー。その熱狂を巻き起こす力の秘密はなにか。ドイツ語史を専門とする著者は残された録音や映像からそのレトリックを詳細に分析。ミュンヘンの一介の扇動政治家としてナチの前身にあたる組織を旗揚げしたときの最初の演説録音から総統として最後に地下壕でラジオ演説したときの録音までくわしく聞き、ヒトラー演説の傾向とその変化を解き明かす。

 反ユダヤ主義は最初からの明らかな論調の軸だったが、ミュンヘン一揆の首謀者として法廷で裁かれたときには持ち前の弁舌で検事らを説得し、首席検事からは「演説家として無類の才能」とまでたたえられて、一揆の失敗をむしろ勝利に変えてしまったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る