キャッシュレス時代の新たな主役は「暗号貨幣」

公開日: 更新日:

 キャッシュレス時代を象徴する「仮想通貨」。全世界での時価総額は数十兆円にのぼり、その種類も4000種以上あるといわれる。そして、仮想通貨の時価総額の8割を占めているのがビットコインだ。

 しかし、中村宇利著「『暗号貨幣』が世界を変える!」(集英社 1600円+税)では、ビットコインの消滅はもはや時間の問題であると指摘。そして、従来の仮想通貨に取って代わる、完全暗号を用いた暗号貨幣“クリプトキャッシュ”の全貌を明らかにしている。

 ビットコインでは、取引記録の伝達や台帳(ブロックチェーン)への書き込みなどに各種の暗号を使っているが、そのほとんどが1980~90年代に考案されたデジタルマネーの仕組みを踏襲している。とくに、“公開鍵暗号方式”の欠陥をそのまま内包しているのが問題だと本書。当事者間の通信に何らかの方法で攻撃者が入り込み、情報を盗み出す「中間者攻撃(MITMA)」を防ぐことができないのだという。

 そこで、クリプトキャッシュである。その本体は、英数文字などからなる記号列で、誰が、いつ、いくらの金額で発行したかなどの情報を暗号化したもの。紙に印刷すれば紙幣になり、コインに刻印すれば硬貨もできる。記号列を取引相手に渡せば、その場で決済が完了する。そして、発行された記号列は1度しか使えず、更新されていくのがポイントだという。

 すでにいくつかの国で法定通貨のデジタル版に利用する計画が進み、民間ベースでもアメリカ共和党の支持団体などが独自の暗号資産をクリプトキャッシュを利用して発行する予定だ。

 ようやく日本でもキャッシュレス化が進んできた。新しいお金の形と安全について知りたいなら必読だ。



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る