「わたしは哺乳類です」リアム・ドリュー著、梅田智世訳

公開日: 更新日:

 ふだんヒトは、自分が哺乳類の一員であることを忘れているが、実はその営みは哺乳類のスタイルに根差している。本書は、哺乳類の脳の研究などに長年携わってきたサイエンスライターの著者が、最新の知見を紹介しながら哺乳類の進化の謎に迫った意欲作だ。

 たとえば、重要でありながら体外に出ているヒトの精巣。熱に弱い精子を活発に生産するために体外に出たとする「冷却仮説」が有名だが、実は研究者の多くがこの説に懐疑的だという。というのも、ゾウやサイなど精巣が体内にある哺乳類が多数存在し、精巣のタンパク質の遺伝子には高温で働くものと低温で働くものの2種類があることがわかったため、むしろヒトの精巣は外に出た後で低温で機能するように進化したのではないかというのだ。

 では、なぜ精巣は体外に出たのか。性的魅力をアピールする「ディスプレー仮説」、精子の質を高める「トレーニング仮説」、腹圧を高める動きをするようになったためとする「ギャロッピング仮説」などがあるらしい。進化の過程をたどれば、ヒトが哺乳類の歴史に連なるひとつの種に過ぎないことがいや応なく見えてくる。

 (インターシフト 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る