「人生にとって挫折とは何か」下重暁子著

公開日: 更新日:

 人生に挫折はつきもの。挫折してこそ自身の弱さも他人の痛みも分かるようになる。自らも何度も挫折を味わったという著者が、その人生哲学を明かす生き方エッセー。

 何度も試練に襲われながら、そのたびに頂点に返り咲くフィギュアスケートの羽生選手を例に、挫折とは何かを考察。彼は極上の孤独を知るナルシシストだと著者は言う。好きな自分であり続けることは、この上なくしんどいことで、それを自分に課し、つらくとも成し遂げるからだ。彼は正面から挫折と向き合い、そこから逃げず、そんな自分を慈しむことができるからこそ進化を続けられるのだと。

 元競輪選手の中野浩一氏や急性骨髄性白血病から生還した知人などへのインタビューを交え、挫折を人生の彩りへと昇華させる生き方を説く。

 (集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る