「生き抜くための整体」片山洋次郎著

公開日: 更新日:

 整体は技術の範囲が広く、理論も効果も分かりにくい。しかし、日常の何げない動きの中にも整体の要素が多く織り込まれており、癖やしぐさを見直すだけで生活のリズムが良くなるという。そんな整体の成り立ちや基本を解説し、「生きるための技術」として使いこなすための入門テキスト。

 整体とは意図的な「矯正」ではなく、次への動きや流れを手助けするもので、一方的に何かを与えるものでも、型にはめるものでもない。むしろ受け手側が能動的に呼応する反応があって初めて成り立つという。よく生きるため、体を生かし切るため、そしてさまざまな問題に行き当たった時、一番大切なのは深い呼吸だと説く。そうした基本と、日常のストレスをほぐし体を整える16メソッドを図解で紹介。

(河出書房新社 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る