「世界一やさしいトリガーポイントの探し方・押し方」大谷素明著

公開日: 更新日:

 マッサージで凝っている部分を押したり揉んだりしても、痛みが改善しないことがある。その原因のひとつとして考えられるのが、痛みの引き金となる点「トリガーポイント」だと、鍼灸按摩マッサージ指圧師の著者は解説する。

 トリガーポイントは筋肉の中にあり、筋肉が凝ることで起こる虚血によって形成される。そして、トリガーポイントから離れたところに痛みを出すという特徴がある。つまり、マッサージをしても改善しない痛みは、トリガーポイントを探し出してケアすることが重要というわけだ。

 本書では、痛みの部位別にトリガーポイントを見つける方法を伝授している。例えば、肩の痛みで最も多いのは肩の後ろ側の痛みだが、そのトリガーポイントが形成されやすいのが頚椎と肩甲骨をつなぐ「肩甲拳筋」だ。

 この筋肉は頭を右または左に回す時に使われている。右に振り向いてみて右の肩の後ろに痛みが走るなら、肩甲拳筋にトリガーポイントがある可能性が高い。

 肩甲拳筋は、頚椎のやや後ろ寄りの側面から背中の肩甲骨上部につながっている。肩が痛くても首にトリガーポイントがあるかもしれないため、肩甲拳筋に沿って指やツボ押し用のグッズを使って押してみよう。手が届きにくい場合は壁との間にボールを挟んで刺激する方法もある。やや強めに刺激するのがポイントで、10段階の強さの6または7ぐらいの力で、20~30秒続けて押すのもよい。入浴後の血行が良くなった状態で行うのも効果的だという。

 本書では、頭部や背中、腕や尻、膝などのトリガーポイントを、それぞれイラストで解説している。改善されない痛みがあるなら、トリガーポイントを探してみよう。

(エクスナレッジ 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る