「子規365日」夏井いつき著

公開日: 更新日:

 俳句の創始者・正岡子規が34年の短い生涯で残した2万4000句から、実作者でもある著者が独自の視点で選んだ365句を日めくりのように並べ解説した俳句エッセー。

 1月1日は「うれしさにはつ夢いふてしまいけり」。この句を詠んだ1893(明治26)年の子規は、定職を得て松山から母妹を呼び寄せ、3人そろって東京で正月を迎えた。著者は、ついつい「いふて」しまった「はつ夢」を笑う3人の明るい声が聞こえてきそうな年明けの一句と評する。

 以後、有名でなくとも、子規らしいほのぼのとした佳句や、らしくない異色の句も含め、365日、季節の流れに沿って子規の句を紹介。読み進むごとに、読者の心は子規の伸びやかな精神に共振するはず。

(朝日新聞出版 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る

人気キーワード