「子規365日」夏井いつき著

公開日: 更新日:

 俳句の創始者・正岡子規が34年の短い生涯で残した2万4000句から、実作者でもある著者が独自の視点で選んだ365句を日めくりのように並べ解説した俳句エッセー。

 1月1日は「うれしさにはつ夢いふてしまいけり」。この句を詠んだ1893(明治26)年の子規は、定職を得て松山から母妹を呼び寄せ、3人そろって東京で正月を迎えた。著者は、ついつい「いふて」しまった「はつ夢」を笑う3人の明るい声が聞こえてきそうな年明けの一句と評する。

 以後、有名でなくとも、子規らしいほのぼのとした佳句や、らしくない異色の句も含め、365日、季節の流れに沿って子規の句を紹介。読み進むごとに、読者の心は子規の伸びやかな精神に共振するはず。

(朝日新聞出版 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  6. 6

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  7. 7

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  8. 8

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  9. 9

    難病の息子を生んだ母親に…ウーバー運転手の思いやりに涙

  10. 10

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る