北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「夕陽の道を北へゆけ」ジャニーン・カミンズ著 宇佐川晶子訳

公開日: 更新日:

 緊迫感あふれる物語だ。メキシコからアメリカをめざす母子の息詰まるような逃避行を描くロードノベルだが、読み始めるとやめられなくなる。

 著者の覚え書きによると、2017年、メキシコは世界でもっともジャーナリストの死亡率が高い国だったという。しかもその大半が未解決のようだ。本書の中でリディアの夫が麻薬密売組織の批判記事を書いたために殺されたのも(しかも一族皆殺しだ)、そういう現実が背景にある。

 リディアと8歳の息子ルカはそのとき、たまたまバスルームにいたので助かったのだが、この母子の苦難はここから始まっていく。リディアは息子を連れてカルテルの力の及ばないアメリカに行くことを決意するが、カルテルの力はメキシコ全土に及んでいて、密告者はいたるところにいるのだ。その網をかいくぐり、母子は無事にアメリカにたどりつけるのか、という物語だが、貨物列車に飛び乗ったり、砂漠を徒歩で横断したり、その苦難の旅は波乱に富んでいるから目が離せない。

 一緒に逃げるのはさまざまな事情をかかえた人々で、それらのドラマと秀逸な人物造形が彼らの旅に奥行きをもたらしていることは書いておかなければならない。さらに「移民は褐色の集団ではなく、独自の背景を持つ個人である」という著者の考えがこの背景にあることも書いておく。手に汗握る物語であるけれど、考えさせられる小説でもあるのだ。

(早川書房 3100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る