「消滅絶景」ナショナルジオグラフィック編著

公開日: 更新日:

 世の中は刻々と変化している。歩きなれた通勤路や家の近所でふと覚えのない建物に気がつく時がある。知らない間に、以前の建物が取り壊され、まったく別の建物に生まれ変わっていたからだ。

 本書を開いた読者は同じような思いを抱くのではなかろうか。世界各地の失われてしまった絶景や、絶滅した動物、さらにその危機にある風景などを、かつてと現在の写真で紹介するビジュアルブック。いわば二度と見ることができない風景へのガイドブックだ。

 アフリカ大陸・ニジェールのテネレ砂漠の真ん中にかつて1本のアカシアの木が立っていた。砂漠化する以前からあった最後の生き残りと考えられ、樹齢は約300年。周囲の木から少なくとも150キロは離れ、何十年もの間、1本だけの状態で立っていたこの木は「テネレの木」と呼ばれ、キャラバンの目印の役目を果たすとともに、神聖な木として祈りの対象でもあったという。

 しかし、1973年に酒に酔った運転手が運転するトラックに衝突され、倒れてしまった。

 木の残骸は、首都の博物館に保存され、木の立っていた場所には現在、金属製のモニュメント「失われた木」が立っている。

 同じくアフリカのケニア、ナクル湖では、主食のスピルリナという藻の減少で、かつては100万羽以上集まっていたフラミンゴの飛来が2000年以降に減少し、近年では多くても数百羽ほどに激減してしまったという。

 このテネレの木や、ナクル湖のフラミンゴのかつての映像など、以前にどこかで見たことがある風景のその後の現状を知り、あぜんとなる。

 アフリカ大陸以外にも、1960年代には湖として世界第4位を誇っていたが、わずか半世紀で10分の1に干上がってしまったカザフスタンとウズベキスタンにまたがる塩湖「アラル海」や、地震による土石流の流入などで、見る影もなく破壊された中国の世界遺産「九寨溝」、氷河の後退が原因で河川の流路を別の河川が奪う「河川争奪」という現象によってわずか4日間で幅150メートルもの大河が干上がったカナダの「スリムズ川」など、地域別に29のスポットや動物を取り上げる。

 世界遺産に登録されたスポットでさえ例外ではない。野生個体が絶滅したとされる「アラビアオリックス」(牛の仲間)の保護区として世界遺産に登録されたが、その後オマーン政府が油田開発を優先させたためにリストから抹消されてしまった例などもある。

 日本でも江戸っ子たちの暮らしに密接に関わり、豊かな食文化を支えていた「東京湾の干潟」などが紹介される。1960年代の干潟は画面を覆いつくすばかりのハゼ釣りの太公望で賑わっていたが、埋め立てられた現在の姿はご存じの通り。

 絶景や動物たちの消滅の理由のほとんどは人間が原因だ。読者にさまざまなことを問いかけてくる一書。

(日経ナショナルジオグラフィック社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

  3. 3
    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

  4. 4
    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

  5. 5
    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

もっと見る

  1. 6
    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

  2. 7
    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

  3. 8
    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

  4. 9
    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

  5. 10
    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…

    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…

人気キーワード