「方言漢字」笹原宏之著

公開日: 更新日:

 方言同様、漢字にも地域の差がある。そうした各地に存在する「地域漢字」や「地域音訓」を「方言漢字」と名付けて解説する日本語ウンチク本。

 札幌のマンホールに書かれていた「札」の旁(つくり)が「ヒ」のように記された異体字、アイヌ語の「ポロ」に近い訓読みの発音を持つ「幌」が定着して、「幌北(こうほく)」「幌西(こうさい)」と音読みされた地名、さらに北海道大学で作られたという「鯳」(すけそうだら)や、空港で見かけた「𩸽」(ほっけ)といった必要性に迫られて生まれた文字など。

 北から南まで各地域の方言漢字を取り上げ、中国で生まれた漢字が地域性を得ていく過程を解説。地域の歴史と文化を知る手掛かりにもなる方言漢字の奥深い世界への手引書だ。

(KADOKAWA 960円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る

人気キーワード