「喋る男」樋口卓治著

公開日: 更新日:

 日堂テレビのアナウンサー・安道は、仕事への情熱と技術では誰にも負けぬが、その自負が災いして窓際族に。クレーム対応とスクールの講師しか任されず、もう何年もアナウンサーの仕事はやっていない。

 そんなある日、安道は上司の稲垣から、退社をほのめかしている局の看板女子アナ・萌香を引き留めるよう頼まれる。新人時代に萌香を指導したのは安道だった。安道は、呼び出した萌香から局の買収話が進んでいると聞く。萌香は局のスポンサー企業の令嬢なのだ。数カ月後、買収が発表され、安道はAI開発局へ異動を命じられてしまう。

 斜陽のテレビ業界で活路を見いだすベテランアナウンサーの生きざまを描くエンターテインメント。

(講談社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  2. 2

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  5. 5

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  6. 6

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  7. 7

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

もっと見る

人気キーワード