「コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方」遠藤功著

公開日: 更新日:

 リーマン・ショックを超えるコロナ不況で、ほぼ全ての業界が打撃を受けている。国内外で「需要蒸発」が起きているが、生き残るためにまずは国内需要に目を向け、内需を開拓することが必要だ。

 例えば観光業でインバウンド需要が蒸発したといっても、それは日本の観光市場26兆円の2割にすぎない。また、社内の「不要な通勤」「不要な会議」に目を向け、業務のオンライン化、リモートワークを推進し、生産性を上げなくてはならないが、働く人が幸せでなくては無意味だ。

 先が見えない時代には「個の突破力」をもつ人材が会社を救う。「新たなレールを敷くことのできる人材」を生かす人事制度を用意すべきである。

 コロナ時代に必要な人材戦略をアドバイス。

(東洋経済新報社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る

人気キーワード