「面白いって何なんすか!?問題」井村光明著

公開日: 更新日:

 ルミネの宣伝コピーで名作といわれるのが「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」。ファッションビルの広告で「本気の恋」という表現ではそれほど目を引くコピーにはならない。コピーであまり使われなかった「試着室」という単語を使ったことが目を引いたのだが、それよりも「試着室で思い出す」という心の動きを発見したことが多くの人の共感を呼んだのではないか。

 そのコピーで表現されたのが、「普段は誰も思い至らないけれど、言われると誰でも簡単に理解できること」だからである。  

 広告業界で仕事をして、いつも「面白い」プレゼンを要求されてきた著者が、「面白い」ことを追求した一冊。

(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る

人気キーワード