「猫の神さま3」仲野ワタリ著

公開日: 更新日:

 江戸の西、猫手村の名主の三男・代三郎は、実家が所有する神田の長屋で大家として暮らす。妹分の於巻と回向院の出開帳仏を見に行った帰り道、手にした瓦版で、八王子で地震が起き、現れた大熊に神社が潰されたことを知る。村の郷神の大猫さまから魔物退治を任されている代三郎や於巻は、魔物の出現を疑う。

 そんな中、三味線弾きでもある代三郎は、仲間から小原宿から来たという吉十郎を紹介される。吉十郎は、代三郎も顔負けの早弾きの名手だった。地震と熊は、甲州街道筋の宿場を次々と襲い、江戸に近づく。代三郎と、人に変身できる相棒の猫・栗坊が被害に遭った高井戸宿を検分に行った帰り道、内藤新宿に大熊が現れた。

 大人気時代ファンタジーシリーズ第3弾。

(角川春樹事務所 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード