「看取り医 独庵」根津潤太郎著

公開日: 更新日:

 仙台藩の奥医者だった玄宗は、独庵と名乗り、浅草諏訪町で開業。浪人のような風貌の独庵だが、腕は確かだ。

 ある夜、材木問屋扇橋屋の志乃が夫の徳右衛門の様子がおかしいと診療所を訪ねてくる。聞くと一日中、庭で薪割りをしているというのだ。独庵は、夫のボケを心配する志乃に頼まれ、往診に出掛ける。徳右衛門によると、半月後に迫った果たし合いのため体を鍛え直しているという。

 相手の宋鉄は40年も前に郷里の佐賀で同じ道場に通っていた仲で、実は志乃を争った恋敵だった。重い病で余命を悟った宋鉄が果たし合いを申し入れてきたというのだ。独庵は、理由をつけて今は呉服屋を営む宋鉄の家に往診に出掛ける。(「墨堤の風」)

 ときに自らの刀で看取(みと)りも辞さぬ独庵を主人公に描く時代エンタメ。

(小学館 726円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る

人気キーワード