「怪しくて妖しくて」阿刀田高著

公開日: 更新日:

 ある日、仕事で松本に出掛けた「私」は、あずさ号で帰路に就く。甲府から乗車してきたすてきな帽子をかぶった女性客が隣席に座った。事故で電車が止まり、私は彼女を誘い私鉄に乗り換える。彼女は、私が持っていたチラシに興味を示し、一緒に古い映画の上映会に出掛けることになった。

 小泉八雲の怪談を原作にしたそのオムニバス映画を見た後も、私から誘って佐藤洋子と名乗った彼女と何度かコーヒーや食事をともにする。洋子は私生活についてあまり話さないが、自宅で帽子を作っていると話し、いつも帽子をかぶっている。しかし、ある日を境に洋子と全く連絡が取れなくなってしまった。私は少ない情報をもとに彼女の行方を追う。(「黒髪奇談」)

 短編の名手によるミステリアスな12編。

(集英社 990円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る

人気キーワード