「戦国の村を行く」藤木久志著 清水克行解説・校訂

公開日: 更新日:

 農民の視点から、戦国時代を捉えなおした戦国時代研究の名著の復刊。

 戦場となった村では勝者による「人取り」(人間の略奪)が横行。大名軍は、「濫妨(らんぼう)衆・狼藉人」などと呼ばれるゲリラ戦や略奪・売買のプロを雇い、戦場に投入した。戦争の惨禍の焦点は、こうした身に迫る奴隷狩りだったという。

 村は戦禍を避けるために、敵軍に米や銭を支払い「濫妨狼藉停止」の禁制や制札を買い取ったり、国境の村では双方の軍に年貢を半分ずつ払って両属の関係を結んで「村の平和」を買い取っていた。また戦時に村人たちは、領主の城の他に、あらかじめ用意した山小屋(村の城)に避難したという。

 相次ぐ戦乱を村人たちはどのように生き抜いたのか、そのしたたかな生存戦略に迫る。

(朝日新聞出版 979円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る

人気キーワード