水俣病の人々への寄り添い方を示した記念碑的作品

公開日: 更新日:

「水俣曼荼羅」

 ジョニー・デップが写真家ユージン・スミスを演じた映画「MINAMATA-ミナマタ」が封切られた際、都内ではかつて土本典昭監督が撮ったドキュメンタリー「水俣 患者さんとその世界」と「水俣一揆 一生を問う人びと」が記念上映された。ともに半世紀前に製作され、石牟礼道子「苦海浄土」と並んで水俣病の人々への寄り添い方を示した記念碑的作品である。

 それから幾星霜を経て、2004年に最高裁が「水俣病の被害拡大防止を怠った国と熊本県に対する法的責任」を認める通称「関西訴訟判決」を出したことで、長年の係争も落着と思った人は多かったのではないか。それを正す報道はほそぼそとなされたが、世間の関心は薄まるばかりだろう。そこに登場したのが、先週末封切られたばかりの大作「水俣曼荼羅」だ。

「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督が20年を費やしたドキュメンタリーというのが惹句だが、水俣病の歩みに比せば短い。むしろ本作は古い通念のままだった世間の関心を再起動させる映画だろう。

 およそ2時間の作品が3作連続で合計6時間。そう聞いただけで腰を引く人も少なくなかろうが、これは違う。強引なようで繊細、愚直なようで周到なドキュメンタリスト原一男の力量で、いまだ明るい展望を得られぬ胎児性水俣病の人々の生が最後に輝き出す。その過程がすばらしい。

 印象的なのが主題曲。予告編でも聴けるが、エキゾチックで力強いブラスの音色が日本社会の旧弊を痛打する。「T40チョチェク」というバンド名は詳細不明だが、チョチェクはバルカン半島の流謫の民ロマ(ジプシー)のダンス音楽。ベオグラードの映画祭に出席した監督の耳を捉えたらしい。

 ジプシー音楽の日本語文献は少なく、「小泉文夫著作選集3 民族音楽紀行」(学研 2200円)が今も輝きを放っている。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  2. 2
    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

  5. 5
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

もっと見る

  1. 6
    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

  2. 7
    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

  3. 8
    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

  4. 9
    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

  5. 10
    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

人気キーワード