選挙の惨状を風刺した傑作コメディー

公開日: 更新日:

「スイング・ステート」

 世界中で政治の劣化が絶えない。どこかの国では首相が2代続けて“政権投げ出し”に走る始末だが、「デモクラシーの本家」を自任するアメリカだって「アフガン撤退失敗」の大報道の陰で、地方自治体の選挙法改悪をもくろむ右派の動きが止まらない。現代の普通選挙は約100年前、20世紀という「大衆の世紀」を迎えて始まったが、いまやSNSとポピュリズムの挟み撃ちで制度疲労の極に達しているのである。

 そんな選挙の惨状に風刺のうっちゃりを食らわせた傑作コメディーが今週末封切りの「スイング・ステート」だ。

 題名は振り子のように右に左に民意がスイングする「激戦州」のこと。トランプの出現で手痛い敗北を喫した民主党系の選挙コンサルタントが、起死回生を狙って中西部の農村に乗りこむ。村のタウンミーティングで怒りの声を上げた退役軍人のSNS動画をたまたま目にし、しがない町長選挙を全米の話題にしようと思いついたのだ。

 そこへすかさず共和党の女性コンサルタントも登場。双方が資金や人手をつぎこむ騒ぎとなる。この女がトランプの選対本部にいたメンドリみたいなケリーアン・コンウェイに似て笑わせるが、何といっても秀逸は主人公役のスティーブ・カレルと監督のジョン・スチュワートだろう。

 実はスチュワート自身もコメディアンで、政治番組のスタイルで政界ニュースを笑いのめすアメリカ型の風刺番組を定着させた。彼自身は既に番組を引退したが、社会運動や今回の映画製作などマイケル・ムーアとも一味違う活動家ぶりを見せているのだ。

 アメリカの選挙の悪名高い不正についてはM・C・ミラー編著「不正選挙」(亜紀書房 2640円)が面白い。2008年のオバマ選挙で大勝したリベラル派の油断が不正改革の好機を逃したという指摘に、左派は耳が痛いはず。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

  2. 2
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  3. 3
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  4. 4
    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

  5. 5
    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

もっと見る

  1. 6
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 7
    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

  3. 8
    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

  4. 9
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  5. 10
    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化

    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化

人気キーワード