「中井久夫 人と仕事」最相葉月著

公開日: 更新日:

「中井久夫 人と仕事」最相葉月著

 ウクライナ情勢の先が見通せないうちに、イスラエルのガザ侵攻のニュースが連日報道されている。イスラエルの指導者層は、なぜ「戦争」へと踏み越えてしまったのか。

 昨年8月8日、88歳で亡くなった精神科医・中井久夫は「戦争こそ、明確な言語化やイメージ化を経由せずに行動化されるものの最たるもの」だとし、戦争の犯罪学・精神医学的研究を試みていた。中井久夫は、統合失調症をはじめとする臨床の最前線で活躍した精神科医であり、阪神・淡路大震災のときにはいち早く精神科救急のネットワークをつくり、一方でヴァレリーやカヴァフィスの翻訳者としても知られる。まさに知の巨人。中井と長年付き合ってきた精神科医に言わせると、暗い世界を照らすために光の国からやって来た「ウルトラマン」だ。

 本書は「中井久夫集」全11巻に著者が書いた解説をもとに大幅に加筆修正し、中井の仕事と人柄を小伝風にまとめたもの。著者はまた中井に絵画療法によるカウンセリングを受けるなど(「セラピスト」)、晩年の中井の話を聞く機会が多く、そこここに著作では垣間見ることのできない中井の生の声も聞こえてくる。生涯に多くの著作、論文、講演録を残した知のウルトラマンの全貌を捉えるのは容易ではないが、著者は200ページたらずの中にその足跡をコンパクトにまとめている。

 ウイルス研究に従事していた中井は精神科医に転身、名古屋での臨床経験を経て「分裂病と人類」「治療文化論」などの著作を発表する。その後の詩の翻訳、患者との付き合い方、いじめ・災害・戦争といった社会問題と精神医学との接合、認知症・がんとの向き合い方などなど、中井が関わってきた多様な問題をどのように考えてきたのかを貴重なエピソードを交えながら描く。

 読後浮上してくるのは、中井久夫という空前絶後の知性の存在であり、今後その不在感はますます強まることだろう。 <狸>

(みすず書房 2860円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる