「ルポ年金官僚」和田泰明著

公開日: 更新日:

「ルポ年金官僚」和田泰明著

 1942年に労働者年金保険法として始まった日本の公的年金は、厚生年金保険法と改称された後、59年には自営業者を対象とする国民年金法も成立して、国民皆年金制度がスタートした。そのたたき台をつくるために大きな役割を果たしたのが、官僚人生の多くを年金局で過ごす年金官僚と呼ばれる者たちだ。本作は、当初の年金制度がどのような事情で変遷を遂げてきたのか、取材を通して得た年金官僚の証言からその歴史をひもといた書だ。

 年金制度は毎度政争の具として使われてきた。たとえば「100年安心」という言葉が独り歩きした年金改革案。一度改革すれば100年間安心のイメージを世間に流布したが、その実態は2100年までの年金の給付水準が現役世代の55%を下回らないよう、今まで死守してきた積立金を取り崩すと同時に年金額を減らしていくことで制度を維持することだった。政治家も官僚も不正確な表現なのは百も承知だったが、人口減と高齢化の帳尻合わせをせざるを得ない状況と、選挙で落選したくない政治家の利害が一致した。

 年金制度を巡る複雑な攻防戦が見えてくる。

 (東洋経済新報社 2420円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方