サッカーW杯公式アルバムに抜擢 “裏歌姫”加藤ミリヤの実力

公開日:  更新日:

 スポーツの祭典には公式ソングがつきものだ。12日に開幕するワールドカップブラジル大会では、2人のJ-POP歌姫――中島美嘉(31)と加藤ミリヤ(25)がタッグを組み、公式アルバムの収録に参加。アジア代表ソング「Fighter」をデュエットしている。3日に開かれたソニー主催のセレモニーでは、解説者の大竹七未(39)らと一緒に日本代表へエールを送った。

 大会ごとに制作するW杯の公式アルバムは毎回、世界の人気アーティストの歌が収録される。日本からは小室哲哉(98年)、CHEMISTRY(02年)、MISIA(10年)が名を連ねてきた。

 2人は今回、新たに仲間入りしたというわけ。だが、8年連続でNHK紅白に出場した中島は分かっても、加藤は「?」という中高年サラリーマンも少なくないはず。音楽評論家の富澤一誠氏によると、「安室奈美恵やローリン・ヒルをリスペクトしている彼女は、リズム&ブルースとヒップホップをベースにした大衆向けJ-POPを生み出すシンガー・ソングライター。メロディーも歌詞も分かりやすく、聞く人の心にすうっと入ってきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る