サッカーW杯公式アルバムに抜擢 “裏歌姫”加藤ミリヤの実力

公開日:  更新日:

 スポーツの祭典には公式ソングがつきものだ。12日に開幕するワールドカップブラジル大会では、2人のJ-POP歌姫――中島美嘉(31)と加藤ミリヤ(25)がタッグを組み、公式アルバムの収録に参加。アジア代表ソング「Fighter」をデュエットしている。3日に開かれたソニー主催のセレモニーでは、解説者の大竹七未(39)らと一緒に日本代表へエールを送った。

 大会ごとに制作するW杯の公式アルバムは毎回、世界の人気アーティストの歌が収録される。日本からは小室哲哉(98年)、CHEMISTRY(02年)、MISIA(10年)が名を連ねてきた。

 2人は今回、新たに仲間入りしたというわけ。だが、8年連続でNHK紅白に出場した中島は分かっても、加藤は「?」という中高年サラリーマンも少なくないはず。音楽評論家の富澤一誠氏によると、「安室奈美恵やローリン・ヒルをリスペクトしている彼女は、リズム&ブルースとヒップホップをベースにした大衆向けJ-POPを生み出すシンガー・ソングライター。メロディーも歌詞も分かりやすく、聞く人の心にすうっと入ってきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る