「2代目キレンジャー」だるま二郎 杖つき就労支援施設通い

公開日: 更新日:

「あれは76年6月だった。『秘密戦隊ゴレンジャー』の初代キレンジャーだった畠山麦さんが、舞台出演の関係で降板しなくてはならなくなり、急きょ代役のオーディションがあったんだ。自分は所属事務所の指示に従っただけ。何のオーディションかも知らなかったし、よもや合格するとは思ってなかった」

「大食いで柔道が強い」というキレンジャーのキャラクターが幸いしたようだ。
 2代目キレンジャーになったのは55作以降、67作までの13作品。数こそ少ないものの、「ゴレンジャー」マニアの間では初代よりもインパクトがあったといわれている。
 しかし、降板もいきなりだった。

「67作目の台本を渡されたら、『真赤な特攻!! キレンジャー夕陽に死す』ってタイトルになってる。舞台が終わって畠山さんが戻ってくることになったらしいんだけど、ボクはな~んも知らなかった。あれはヘコんだわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る