「2代目キレンジャー」だるま二郎 杖つき就労支援施設通い

公開日: 更新日:

「あれは76年6月だった。『秘密戦隊ゴレンジャー』の初代キレンジャーだった畠山麦さんが、舞台出演の関係で降板しなくてはならなくなり、急きょ代役のオーディションがあったんだ。自分は所属事務所の指示に従っただけ。何のオーディションかも知らなかったし、よもや合格するとは思ってなかった」

「大食いで柔道が強い」というキレンジャーのキャラクターが幸いしたようだ。
 2代目キレンジャーになったのは55作以降、67作までの13作品。数こそ少ないものの、「ゴレンジャー」マニアの間では初代よりもインパクトがあったといわれている。
 しかし、降板もいきなりだった。

「67作目の台本を渡されたら、『真赤な特攻!! キレンジャー夕陽に死す』ってタイトルになってる。舞台が終わって畠山さんが戻ってくることになったらしいんだけど、ボクはな~んも知らなかった。あれはヘコんだわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る