“ポスト真田広之”の呼び声 岡田准一は「歴史と格闘技オタク」

公開日: 更新日:

■あるか、米国進出

 その一方、歴史好きで社会科教師の道も考えたこともあるそうで、加藤清正ら武将などに詳しく、周りに歴史話を持ち掛けたりしていたという。スポーツ紙芸能デスクが言う。

「V6として、デビュー曲『MUSIC FOR THE PEOPLE』を出したのが14歳。上京したての中学生でした。以来、華やかなステージに立ちながら、地に足をつけたというか、地道に演技を学び、2006年に主演映画『花よりもなほ』で石原裕次郎新人賞を受賞しています。小学生の頃、両親の離婚を経験し、早くに自立。母親から『自分で考え自分に責任を持てる男になれ』と言われて大きくなったのと、無関係じゃないかも知れません。それでいて、出身の枚方市の遊園地での広報マン『超(スーパー)ひらパー兄さん』だったり、バラエティーで軽妙なトークをしたりもしています。この二面性が岡田の特徴で、『蜩ノ記』でのインタビューでは、時代劇などに取り組むときの心積もりとして『V6の岡田が出ないように』していると語っていましたよ」

 昨年大ヒットした「永遠の0(ゼロ)」など、映画にドラマと主演作が後を絶たず、どちらかというと俳優としての顔が大きくなっているようにもみえる。ゆくゆくは真田広之に続けとハリウッドに進出し、トム・クルーズと共演なんて道も思い描いているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  7. 7

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る