朝ドラ「まれ」の好発進を牽引 泯と裕子"W田中"の存在感

公開日:  更新日:

「あまちゃん」以来、5作連続で初回視聴率20%の大台を更新。今週(3月30日)から始まったNHK朝ドラ「まれ」は初回21.2%、2回21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と順調な滑り出しをみせた。

 父母弟と夜逃げ同然で石川県能登地方に引っ越してきた主人公・希が、やがて世界一のパティシエを目指す成長記。1週目はチャランポランな親父(大泉洋)を家族総出で支えていく様子を描き、分かりやすさに徹している。ヒロインの少女期を演じる松本来夢(11)は、愛くるしい瞳で演技も達者。能登の面々は個性派揃いで「あまちゃん」の焼き直し感たっぷりだが、その中で際立った存在感を放つ老夫婦が一組。塩田職人を演じる田中泯(70)と田中裕子(59)である。

「舞踏家」を名乗る泯は、世界を舞台に活躍するダンサー。国や言葉の壁を越えて体ひとつで訴える表現力は映像の世界でも白羽の矢がたち、映画「たそがれ清兵衛」(02年)の出演以降、「永遠の0」(13年)や「るろうに剣心」(14年)といった大作に多数起用されている。テレビでは大河「龍馬伝」(10年)をはじめ、NHKドラマの御用達バイプレーヤー。オンエア中のソフトバンクのCMでは、堺雅人とお父さん犬以上に中華屋の親父役で存在感を発揮しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る