暑苦しく登場…松岡修造は新刊好調で早くも“真夏日モード”

公開日:  更新日:

 一足早い真夏日はこの男のせいかもしれない。14日、松岡修造(47)が著書「修造ドリル」の発売記念トークイベントに出席。「今日の暑さはオレのせいじゃないぞ!」と、自身が作詞した「元気応援SONG」を歌いながら会場の窓から暑苦しく登場した。

 このドリル、発売2週間で5万部とバカ売れ中。日めくりカレンダー「まいにち、修造!」も65万部突破と驚異的な数字を作ったのは記憶に新しく、「CM起用社ランキング」男性部門1位、「理想の上司ランキング」1位と目下、イケイケだ。しかし、「僕は何年も同じことをしてきた。周りが変わっただけ。1位を保持したいとは思っていない」と努めて冷静だった。

 修造といえば“ごはんはできたてしか食べない”など亭主関白なことでも知られるが、「僕の夢はうちの妻から好かれること。一応一緒にいてくれるけど、子供も3人いて、いろいろ思うところはあるのではないかと思います。結婚というのは、人間の付き合いの中で一番我慢が必要な間柄。(離婚の)危機は全然ないと思います。僕はずっと好き」とも。

 長年、この熱気に耐えている恵美子夫人が一番エライ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る