• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暑苦しく登場…松岡修造は新刊好調で早くも“真夏日モード”

 一足早い真夏日はこの男のせいかもしれない。14日、松岡修造(47)が著書「修造ドリル」の発売記念トークイベントに出席。「今日の暑さはオレのせいじゃないぞ!」と、自身が作詞した「元気応援SONG」を歌いながら会場の窓から暑苦しく登場した。

 このドリル、発売2週間で5万部とバカ売れ中。日めくりカレンダー「まいにち、修造!」も65万部突破と驚異的な数字を作ったのは記憶に新しく、「CM起用社ランキング」男性部門1位、「理想の上司ランキング」1位と目下、イケイケだ。しかし、「僕は何年も同じことをしてきた。周りが変わっただけ。1位を保持したいとは思っていない」と努めて冷静だった。

 修造といえば“ごはんはできたてしか食べない”など亭主関白なことでも知られるが、「僕の夢はうちの妻から好かれること。一応一緒にいてくれるけど、子供も3人いて、いろいろ思うところはあるのではないかと思います。結婚というのは、人間の付き合いの中で一番我慢が必要な間柄。(離婚の)危機は全然ないと思います。僕はずっと好き」とも。

 長年、この熱気に耐えている恵美子夫人が一番エライ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る