お酒はTPOが大事…洞口依子さんが語る“嗜み”へのこだわり

公開日: 更新日:

 個性派女優であり、エッセイストとしても知られる洞口依子さん。「お酒は、そこそこ……」と控えめに話すが、うかがえば、知識は豊富、さまざまなシチュエーションで楽しんでいる……。

 お酒の原体験というと、やはり父が自宅で楽しんでいたビールやウイスキーですね。品の良い飲み方で悪酔いしたのを見たことがなかったせいか、お酒に対する“免疫”はその当時にできたと思います。

 ただ、20歳になって解禁になっても、最初はそんなにおいしいとは思いませんでしたね。味が分かりだしたのは1、2年経ってから。映画テレビ業界や音楽関係、出版業界の先輩や年上の方に、あちこちの名店に食事に連れていってもらい、少しずつ覚えたり気づかされたりしたんです。

「そば屋での長居は禁物。酒を飲むならお銚子2~3本程度」といった粋な飲み方や、ホテルのバーでのマナー、ワインと食事との絶妙な相性……。それらは「いかにおいしくお酒を楽しむか」の薀蓄でしたから、知識が増えただけじゃなく、知らぬ間にお酒に対する好奇心が強くなっていきましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る