お酒はTPOが大事…洞口依子さんが語る“嗜み”へのこだわり

公開日:  更新日:

 個性派女優であり、エッセイストとしても知られる洞口依子さん。「お酒は、そこそこ……」と控えめに話すが、うかがえば、知識は豊富、さまざまなシチュエーションで楽しんでいる……。

 お酒の原体験というと、やはり父が自宅で楽しんでいたビールやウイスキーですね。品の良い飲み方で悪酔いしたのを見たことがなかったせいか、お酒に対する“免疫”はその当時にできたと思います。

 ただ、20歳になって解禁になっても、最初はそんなにおいしいとは思いませんでしたね。味が分かりだしたのは1、2年経ってから。映画テレビ業界や音楽関係、出版業界の先輩や年上の方に、あちこちの名店に食事に連れていってもらい、少しずつ覚えたり気づかされたりしたんです。

「そば屋での長居は禁物。酒を飲むならお銚子2~3本程度」といった粋な飲み方や、ホテルのバーでのマナー、ワインと食事との絶妙な相性……。それらは「いかにおいしくお酒を楽しむか」の薀蓄でしたから、知識が増えただけじゃなく、知らぬ間にお酒に対する好奇心が強くなっていきましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る