お酒はTPOが大事…洞口依子さんが語る“嗜み”へのこだわり

公開日: 更新日:

 個性派女優であり、エッセイストとしても知られる洞口依子さん。「お酒は、そこそこ……」と控えめに話すが、うかがえば、知識は豊富、さまざまなシチュエーションで楽しんでいる……。

 お酒の原体験というと、やはり父が自宅で楽しんでいたビールやウイスキーですね。品の良い飲み方で悪酔いしたのを見たことがなかったせいか、お酒に対する“免疫”はその当時にできたと思います。

 ただ、20歳になって解禁になっても、最初はそんなにおいしいとは思いませんでしたね。味が分かりだしたのは1、2年経ってから。映画テレビ業界や音楽関係、出版業界の先輩や年上の方に、あちこちの名店に食事に連れていってもらい、少しずつ覚えたり気づかされたりしたんです。

「そば屋での長居は禁物。酒を飲むならお銚子2~3本程度」といった粋な飲み方や、ホテルのバーでのマナー、ワインと食事との絶妙な相性……。それらは「いかにおいしくお酒を楽しむか」の薀蓄でしたから、知識が増えただけじゃなく、知らぬ間にお酒に対する好奇心が強くなっていきましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る